第2回 宮城県白石市      〜温かい思いやりの心から生まれた白石の特産・白石温麺(うーめん)

宮城県南部、蔵王連峰の麓に位置する人口約3万人の白石市。ここに400年の伝統がある名産品『白石温麺(うーめん)』がある。江戸時代、胃を患い何も食べられない父のために、息子が旅の僧侶から油を使用しない麺がある、と聞き、製法を学んで完成したのが『白石温麵』である。この麵は消化が良く滋養に富んでいて、食した父は快方に向かったという。この話を聞きつけた白石城主・片倉小十郎公が「温かい思いやりの心」を称えて、この麺に『白石温麺(うーめん)』と名付けたという。この『白石温麵』は片倉氏が使えた仙台藩主・伊達家への献上品にもなったと言われている。さらに、伊達家から他の大名家や京の公家への贈答品にも使われたという。すなわち、「伊達家お墨付き」の麺なのである。『白石温麵』は地元白石産の小麦粉と蔵王の清澄な水から製造するが、保存料や添加物を一切使用せず、常温での保存が可能で安心して食べられる麺である。そうめんと比べても太く、9センチという短さで茹でやすく、食べやすい麺である。食べられる場所は限られており、東北新幹線・白石蔵王駅の食堂でも食べられるので、白石市に行かれたら、ぜひ食してもらいたい逸品です。

ちなみに、この白石市が戦国のヒーローでもある真田家とゆかりが深いことをご存知だろうか?二代目・片倉小十郎が大坂夏の陣で、真田家と対峙した際、豊臣方の敗北と自らの最期を悟った幸村が、自らの娘・阿梅(おうめ)と次男・大八を片倉小十郎に預け、見事、片倉家で成長している。阿梅は小十郎の後妻になり、大八は伊達藩士に取り立てられた。

かつて、片倉氏が奨励し保護政策として存続してきた『白石温麵』は400年にわたり、地元の人々の間で食べられてきた。まだあまり知られていない食品でもあるので、皆さんに一度は味わっていただきたいものである。

         提供:一般社団法人 全国伝統産業承継支援 (伝統産業ドットコム)

          こちらのサイトもご覧ください。

      伝統産業の事業引き継ぎは『伝統産業ドットコム』に

   事業承継のセミナー・講演会を全国各地で開催しています

                 過去の開催実績はこちらをご覧ください。

      LINE公式アカウント『伝統産業ドットコム』を開設しています。

        LINEID    @529oldri

         友達登録はこちらから  ⇒  https://lin.ee/0qChVy5



東北新幹線・白石蔵王駅の構内にある
「温麵の館(やかた)」

ここでは、温麺づくりの各工程の様子が
数々のマネキン人形で描かれている。
(宮城県白石市)

     (2010年4月撮影)



  
 白石を治めた片倉家の始祖・小十郎景綱公像。
 
 景綱は伊達政宗を支えた右腕であり、伊達家の発展に
 貢献した名参謀である。
  (宮城県白石市・傑山寺)

    (2019年6月撮影)

   




関連記事  第19回  神奈川県小田原市   〜小田原かまぼこ

      第23回  高知県高知市     〜藁焼きカツオ

      第29回  新潟県長岡市     〜ジャンボ油揚げ

 


コメント

このブログの人気の投稿

第41回 静岡県浜松市    〜「やらまいか」の精神で数多の世界企業を生んだ浜松市は知る人ぞ知る「浴衣」の街

第26回 大阪府大阪市   〜明治時代から隆盛を極めた大阪ガラス産業の灯を守り続ける「天満切子」

第37回 長野県松本市   〜大正末期に生産量日本一となり一世を風靡した300年続く松本家具