第3回 北海道余市町      〜日本人に本場のウイスキーを飲んでほしい! 信念が成就したニッカウヰスキー            

 北海道の西部、積丹半島の付け根に位置する人口約2万人の余市町。ここは青森県や長野県には劣るものの、知る人ぞ知るリンゴの産地である。明治時代、戊辰戦争で会津藩は新政府に敗れたが、藩が取りつぶされた会津藩士たちは北海道の小樽と余市に派遣されて開拓を命じられた。その後、相当の苦労をしながら日本で最初にリンゴ栽培に成功したと言われている。そのリンゴが支えた事業が今も余市町に存在している。ウイスキーである。その名は『ニッカウヰスキー』。1934年(昭和9年)に竹鶴政孝氏が創業した。

竹鶴氏は若くして単身でスコットランドに渡り、2年間ウイスキー造りに取り組んだ。その際に後に語り継がれる『竹鶴ノート』を2冊書き残している。このノートにはウイスキーの製造方法や設備のイラスト、スタッフの労働条件などが記されている。ご存知のとおり、ウイスキーは最低でも3年間は熟成させる必要があり、その間は売上が生じない。そこでニッカウヰスキーを支えたのが、リンゴを使ったジュースやワイン、ブランデー、セリーなどである。リンゴがなければニッカウヰスキーは誕生していないと思われる。ちなみに現社名の「ニッカ」は創業当初の社名が大日本果汁であり、そこから「日」と「果」から取られた。

竹鶴氏は、この余市町という土地がスコットランドに風景や気候が似ていること。また適度な湿度と澄んだ空気、ウイスキー造りでは生命線となる良質な水が豊富にあることが決めてとなり、工場建設を決めたと言われている。また、「日本人に本場・スコットランドのウイスキーを飲んでもらいたい。」この一心でウイスキー造りに取り組まれたようである。資金繰りや太平洋戦争といった数々の困難に見舞われても、その思いや信念が支えとなり、ウイスキー造りを続けることができたと思われる。

 最初は本場・スコットランドのウイスキーの味は「煙くさい」とも言われ日本人の舌に合わなかった。それでも「石炭直火蒸留」と言われるポットスチルを石炭を使って直火炊きで蒸留する製造方法にこだわり、ウイスキー造りを継続していった。やがて戦争が終わり、ようやく日本人に受け入れられて現在に至っている。ご記憶の方もおられると思われるが、2014年度下半期にNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』でドラマ化されて放送された。

竹鶴政孝氏は、1979年(昭和54年)に亡くなられたが、会長室として使われていた部屋が、翌年1980年(昭和55年)に地元・余市町の文化財に指定されている。竹鶴氏が創業したニッカウヰスキーは、2001年(平成13年)にアサヒホールディングスの傘下となったが、今も多くの人々に愛飲されている。

          提供:一般社団法人 全国伝統産業承継支援(伝統産業ドットコム)

                             こちらのサイトもご覧ください。  

                           伝統産業の事業引き継ぎは『伝統産業ドットコム』に

   事業承継のセミナー・講演会を全国各地で開催しています

             過去の開催実績はこちらをご覧ください。

        LINE公式アカウント『伝統産業ドットコム』を開設しています。

          LINEID  @529oldri

            友達登録はこちらから  ⇒  https://lin.ee/0qChVy5

       


竹鶴氏が創業したニッカウヰスキー余市工場の正門。

 (北海道・余市町)

 (2018年7月撮影)





信念でウイスキー造りに取り組んだ

創業者・竹鶴政孝氏の胸像。

 (北海道・余市町 工場敷地内)

 (2018年7月撮影)




 2014年10月から2015年3月に放送されたNHKの朝

 の連続テレビ小説『マッサン』ではドラマの舞台とな

 った。余市駅前にはその記念が残っている。

  (北海道・余市町 JR余市駅前)

  (2018年7月撮影)




関連記事   第17回  北海道小樽市   〜オルゴール

  

コメント

このブログの人気の投稿

第41回 静岡県浜松市    〜「やらまいか」の精神で数多の世界企業を生んだ浜松市は知る人ぞ知る「浴衣」の街

第26回 大阪府大阪市   〜明治時代から隆盛を極めた大阪ガラス産業の灯を守り続ける「天満切子」

第37回 長野県松本市   〜大正末期に生産量日本一となり一世を風靡した300年続く松本家具